新年あけましておめでとうございます

 ついに、2008年 平成20年になってしまいました!

オブチさんが「平成」の文字を掲げて以来 早や20年になるわけですね。当時は「ヘイセイ」の響きに違和感を感じていましたが、今では「昭和」がレトロに感じるようになってしまいました。
 私が、最初に就職した設計事務所を退職して大阪に出てきたのが平成元年。早いものでそれから20年になります。
 
 20年前・・・
 ケイタイ電話・・・そんなのは誰も持ってない。たしか自動車電話というのがあってどっかの社長さんが自慢げに運転しながら電話してた。
 パソコン・・・一部のマニアは使ってた。私には縁のないもの。
 CAD・・・当然図面は手書き。鉛筆を尖がらす奥義などの職人技は もう昔話。
 環境・・・身近な自然環境には敏感でも 地球が危機的状況にあることには気付いている人は少なく、そんなことお構いなしにイケイケドンドンのバブルに突入。

 20年後 後悔しないよう、今年も努力していきます。
[PR]
# by raqu3 | 2008-01-01 00:56

400年祭 フィナーレ

 彦根城築城400年祭がフィナーレをむかえました。
お上まかせで動かないといわれる彦根市民ですが、今回は違いました。
市民の力とニャンコの力で大盛り上がり、大成功だったようです。
関係された方々、本当にお疲れ様でした。
a0093864_14301526.jpg

ひこにゃん大人気!みんな写真とりまくり!
a0093864_14334323.jpg


さこにゃんも がんばる!(島 左近=石田三成の家臣)
a0093864_15333069.jpg


ちよにゃんも登場!(弥千代姫=井伊直弼の娘)
a0093864_15361023.jpg



みつにゃん(石田三成)には 残念ながら会えませんでした。


 また、彦根城下の足軽組屋敷にあった「辻番所」が所有者のご都合で手放されることになり、それを「トラスト」をつくり買い取ることになりました。募金活動を始めますのでご協力よろしくお願いします。
 12月1日(土)午後から「辻番所」の公開があります。詳しくは・・・「彦根景観フォーラム」
[PR]
# by raqu3 | 2007-11-28 14:26

金八先生

 金八先生は、まだ桜中学校にいました。しかも、3年B組です。

 毎週事件がおきる桜中学校ですが、今週はクラスで一番成績の悪い生徒のお話。
成績が悪く家庭の事情もあり、仕方なく工務店に就職して大工になることに決まっていたが、「学校の先生になりたい」という夢を捨てきれず、補修授業を受けながら猛勉強をする・・・という美しいお話でした。
 「ちょっと待てよ!仕方なく大工になるんか?大工は知恵と感性が必要な仕事なんや!」と、父。しかし、実際は 知恵も感性も必要のない仕事があまりにも多すぎる。金八先生がそう思うのも仕方ないことなのか・・・。
 「誰でもなれるけど、生き残っていけるか・・ちゅうことやろ・・・」と、中2の娘。
 
 ほんまに、わかってるんかいな!
[PR]
# by raqu3 | 2007-11-10 03:08

気がつけば秋

 気がついたら3ヶ月以上もほったらかしで、めっきり涼しくなってしまいました。
 この3ヶ月、いろいろありすぎて書ききれません。

 7月・・・近江環人、全講義終了。お茶室も完成。感動の打ち上げ!
 8月・・・子供達をつれて、東京ディズニーシーに行ったり、海へ行ったり、充実の夏休み。
 9月・・・モクバンコンペで熊本へ。みごとにすべるがM君と出会い馬刺しを堪能。
      翌日は地元のI君と通潤橋へ。用・強・美の三拍子そろった姿に感動。  
10月・・・近江環人、試験無事合格!称号授与式で初の記者会見。 
  
 とりあえず こんな感じでした。

 また復活して、ボチボチ書きますのでよろしくお願いします。
[PR]
# by raqu3 | 2007-10-21 00:21

里湖・・・さとうみ

 7月1日の「びわ湖の日」にちなんだラジオの番組で、びわ湖の研究者でもある 嘉田知事のインタビューを、たまたま車で聞きました。

 印象的だったのは、「里湖」(さとうみ)のお話。

 びわ湖は、人々の暮らしとかかわりあいながら、文化・食文化を育み、自然環境を守ってきました。今は暮らしおは遠くかけ離れた存在になってしまっています。もっと普段の暮らしや遊びの中で、びわ湖とのかかわりを深めてください・・・。というお話でした。

 びわ湖・・・の話になると、とかく 水質や生態系の話になりがちですが、暮らしの視点からびわ湖を見ると また違ったものが見えてくるでしょう。
 また、「暮らし」を びわ湖の視点から見ると、見直すところがいっぱいありそう・・・デス!
[PR]
# by raqu3 | 2007-06-29 22:11

なんでもやります! 近江環人

 近江環人の実習・・・自然素材を使ってものづくりをする実習で、版築をつくってその上に木造の茶室?小屋?あずまや?を建てています。
 先週は、基礎と木材の製材作業。含水率200%ありそうな新鮮?な木材に悪戦苦闘。
来週は、いよいよ版築作業です。
a0093864_0355896.jpg

[PR]
# by raqu3 | 2007-06-27 00:39

大阪城をつくったのは・・・

 府庁へ行った帰り、遠藤秀平氏設計の鉄の公衆トイレを見がてら ふらっと大阪城へ行ってきました。自転車で大手門をくぐってうろうろ。そのうち車両通行止めになるだろうと思っていたら どこまででも行けてしまうのです。

 途中、ボランティアガイドさんにつかまり(失礼!)大阪城の説明を受けました。
今の大阪城をつくったのは・・・
 豊臣秀吉ではなく・・・徳川秀忠 だそうです。
秀吉がつくったお城は、今の地面の10mくらい下に埋まっていて、その上に徳川秀忠がつくり直したそうです。

 ずぅーと 秀吉だと思っていました。知らなかったのは私だけでしょうか。
ボランティアガイドさん、ありがとう。

 ちなみに、自転車で天守閣の下まで行けてしまうそうです(当然無料)。私は途中 雨に降られて退散しました。
[PR]
# by raqu3 | 2007-06-19 23:44

戦国時代ブーム!?

 彦根の「街の駅」寺子屋力石へ行って来ました。
「街の駅」ができて2年ほどに経ちますが、この春から「街の駅」の運営を LLP(有限責任事業組合)をつくって行われるということで、詳しいお話を 中心人物の一人 Kさんに伺うのが目的でした。

 LLPの話もさることながら、驚いたのは、今 若い人たちの間で、ひそかに「戦国時代ブーム」が巻き起こっているらしいのです。

 たまたま三重県から来た若い女の子2人やKさんの話によると・・・・事の発端はどうやらファミコンの「信長の野望」などの 戦国武将もののゲームがきっかけのようで、その武将キャラにはまり ゆかりの地を訪れて、「萌え~」となるそうです。特に関が原の戦いで豊臣方について敗れた石田三成などの悲運の武将が人気とか。
 武将のコスプレも流行ってるらしい。 こんな話題がミクシーで盛り上がってるらしい・・・・・
(ついていけない! なんか自分がオジサンになってるのをつくずく感じてしまう・・・)

 彼女達も、石田三成とその家臣 島左近にはまり、三重から毎週彦根に来ているらしい。彼女達いわく、・・・ヴィトンにお金をかけるより 安上がり・・・ナルホド
(三成の居城、佐和山城は彦根にあったが、関が原の戦い後 取り壊されたため、城跡には何も残っていない。国宝彦根城は関が原で勝った井伊直政が佐和山のとなりの彦根山に建てたお城。)

 きっかけはどうあれ、若い人達が歴史に興味を持ち、歴史的なまちに関心が高まることは素晴らしいことです。
 ちょっと気になるのは、ヒトラーに「萌え~」となる若者がドッと増えたら・・・と考えると、ゾッとします。
[PR]
# by raqu3 | 2007-04-23 00:40

長浜曳山まつり

滋賀県・長浜の曳山まつりに初めて行って来ました。
秀吉の時代から400年以上続くお祭りです。
今年は、90年ぶりに12基 全ての山車が勢ぞろい。圧巻でした!
a0093864_0482946.jpg

山車の上で演じられる子供歌舞伎もかなり本格的。
a0093864_0493715.jpg


総うるし塗り、金箔貼り、飾り金具、彫刻・・・とにかく超豪華。 まるで動く巨大お仏壇。(こんなこと言ったらしかられそうですが・・・でも実際、長浜の浜仏壇や彦根仏壇の技術につながっているように思いました。)
a0093864_051956.jpg
a0093864_1241158.jpg
 
しかも、16世紀につくられたベルギー製ゴブラン織りの見送り幕(重要文化財)が掛かってたりする。
a0093864_0533379.jpg
 

この文化度の高さ、経済力はいったいどこから来るのか。
これを400年以上続けるパワーはいったいどこから来るのか。

長浜は秀吉が造った城下町が発祥ですが、秀吉後、城下町を守ってきた殿さんがいなくなると、町衆が自分達の手で町を守ろうという意識、自治の精神が高まり、それが祭りへのエネルギーへとなってきた・・・・と聞きます。

御堂筋パレードは何百年も続くのかな?
[PR]
# by raqu3 | 2007-04-17 00:54

ラオス

 森林面積が激減している ラオスのことを TVでやっていました。
ラオスは森の恵みが豊かで、木の実や昆虫・小動物など食料には不自由なく、飢餓ということは考えられないようです。みんな、いい顔をしてます。
 しかし、このラオスのことを 我々は「開発途上国」と呼び、国民所得が低いことを気の毒に思っている。
 
 経済のグローバリゼーションというのは、実は先進国の都合で途上国の人たちを勝手に巻き込んでいる・・・という解説に納得。ラオスの人たちは、森と共にゆっくり暮らすことが本当は幸せなんだろう。
 
 でも、現実的には 外国の影響を受けずにおこうとすると、江戸時代の日本のように鎖国するしかないのかも。 (鎖国のおかげで日本文化が熟成したという説もありますが・・・)
やっぱり、バランスが大事なのでしょう。

 森を食いつぶして いくつもの古代文明が過去に滅びました。
現代人は、同じ過ちを繰り返さないよう、知恵をしぼって  欲を抑えよう。
[PR]
# by raqu3 | 2007-04-07 23:53