金八先生

 金八先生は、まだ桜中学校にいました。しかも、3年B組です。

 毎週事件がおきる桜中学校ですが、今週はクラスで一番成績の悪い生徒のお話。
成績が悪く家庭の事情もあり、仕方なく工務店に就職して大工になることに決まっていたが、「学校の先生になりたい」という夢を捨てきれず、補修授業を受けながら猛勉強をする・・・という美しいお話でした。
 「ちょっと待てよ!仕方なく大工になるんか?大工は知恵と感性が必要な仕事なんや!」と、父。しかし、実際は 知恵も感性も必要のない仕事があまりにも多すぎる。金八先生がそう思うのも仕方ないことなのか・・・。
 「誰でもなれるけど、生き残っていけるか・・ちゅうことやろ・・・」と、中2の娘。
 
 ほんまに、わかってるんかいな!
[PR]
by raqu3 | 2007-11-10 03:08


<< 400年祭 フィナーレ 気がつけば秋 >>