里湖・・・さとうみ

 7月1日の「びわ湖の日」にちなんだラジオの番組で、びわ湖の研究者でもある 嘉田知事のインタビューを、たまたま車で聞きました。

 印象的だったのは、「里湖」(さとうみ)のお話。

 びわ湖は、人々の暮らしとかかわりあいながら、文化・食文化を育み、自然環境を守ってきました。今は暮らしおは遠くかけ離れた存在になってしまっています。もっと普段の暮らしや遊びの中で、びわ湖とのかかわりを深めてください・・・。というお話でした。

 びわ湖・・・の話になると、とかく 水質や生態系の話になりがちですが、暮らしの視点からびわ湖を見ると また違ったものが見えてくるでしょう。
 また、「暮らし」を びわ湖の視点から見ると、見直すところがいっぱいありそう・・・デス!
[PR]
by raqu3 | 2007-06-29 22:11


<< 気がつけば秋 なんでもやります! 近江環人 >>